Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

仮定法のcould

TIMEの最新号(June 29)には、Tsai Ing-wenの顔が表紙の一面に出ている。

その下には、

She could lead the only Chinese democracy
And that makes Beijing nervous

(彼女なら唯一中国の民主化を先導できるかも知れない。それに中国政府を焦りを感じている。)

couldは仮定法だから、「できた」ではなく、「しようと思えばできるだろう」の意味である。ここでは、主語に「仮定」 の意味が込められていると考えたらよい。
Posted by y   0 comments

部活の引率

空手の大会が千葉県佐倉市で行われたので、行って来た。因みに、自分が出るのではなく、部活の生徒である中学生・高校生がそれぞれ1名ずつエントリーして出る大会で、なかなか迫力のあるものだった。

会場は佐倉市の青少年体育館(?!)というところ(佐倉市体育館は、これとは別にあるらしい)。“体育館”からイメージする建物とは全く異なっていた。それもそのはず、県立佐倉高校の旧校舎の一部だったらしい。戦前からあるそうで、趣きある建物で、武道には相応しい場所だった。

しかし、我が家からはちょっと遠い。「佐倉」と言えば、いつもなら、成田空港へ行く際に通り過ぎる駅…。

怪我もなく、帰って来れたのが何よりと思うことにしたい。
Posted by y   0 comments

MY CAR is back!

この半年、何となく、車内がガソリン臭かった。アルファロメオ156では、ときどきある現象らしいが、どうも、燃料ポンプから、ガソリンが染み出てしまう(プラスチックの劣化)が原因だという。

タバコを吸う人だったら、危険極まりない。リコールの対象になっても良さそうなものだが、部品の耐久年数の国産車との違いといわれるのが関の山か。

修理費、7万円。嗚呼~!
Posted by y   0 comments

添削に励む

某筋からの依頼で、英語の添削答案が来ていて、来週末が〆切となっている。所詮、英語の試験なのだから、立派な内容でなくとも許容されるだろうが、それにしても、日本国を代表する大学に入学しようと思う生徒の答案がこの程度かと思うと、日頃どんな勉強をしているのか、気がかりになる

英語はそこそこに正しいし、パッと見、文字もしっかりしているが、期待して読むと、同じことの繰り返しを書いているだけの答案に出くわすことがある。この手の生徒に「そういう英語の書き方はしない」を伝えるのが、なかなか難しい。
Posted by y   0 comments

面談終了

個人面談、終了。人数は多くなかったが、逆に、一人ひとりに時間がかかるので、結構くたびれる。授業をする方が何倍も良い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。