Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

某予備校系の出版物

某予備校系の出版社では、既に英語の例文集が複数でている(講師執筆のもの)が、今年の初めに「文法がわかる!」をいう触れ込みで新たな例文集が出された。

300を超える例文が収められているが、この教材の位置づけが今一つよく分からない。no more … thanのいわゆる「クジラ構文」も説明らしい説明はなく、丸暗記と変わらない。If S+were to V …を「仮定法未来」と呼ぶのもどうかと思う。

良いと思った人は買い、そうでない人は買わないので放っておくほか無いが、予備校系の出版社としてはもう少し体系立った本である必要はなかろうか。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。