Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

TOEIC

十年以上前に一度受けたことがあるTOEIC(リスニング+リーディング)。二度目を先日受けてきた。

予想外に多くの人が受験に来ているのでびっくり。昨今のTOEICブームを身近に感じた。

受験教室では、間際に単語集を見ている人あり、問題集らしきものを見直している人ありだった(でも、単語集を見ても、効果ないのでは…)。

リーディングセクションは、100問75分となっているが、17分程の時間を残して、最後まで終えられた。

自分の見立てでは、TOEICができても英語が使えるとは言えないが、TOEICができなければ、英語は使えないのではないだろうか(尤も、“使える”の定義にもよるが)。

一般的には、最後まで問題を解ききるのが大変と言われているが、そのくせ、見渡すと、ほとんどの人がシャーペンを用意していた。鉛筆の方が、時間節約になると思う

見直しの時間が取れたので、読解系の問題を中心にチェックをし直した。ひょっとしたら満点
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。