Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

LNG stands for Liquefied Natural Gas

現在、火力発電に使われるもっとも一般的な燃料はLNG(液化天然ガス)だが、このLNGの正式名称が咄嗟に出てこず、ネイティブに通じない経験を最近した。

日本人相手ならば、「LNG=液化天然ガス」で済むが、英語のネイティブにLNGと言っても、専門家や電力会社の社員でないと分からないのも無理はない。

LNGはLiquefied Natural Gas

気体の天然ガスを一定程度にまで冷やすことで液体になりその体積が小さくなるので運搬がしやすいという理屈までは知っていたが、その呼び名を知らない限り通じない。

今思えば、natural gasとだけでも言えばよかったと思う。結構、日本語で表される時事的な用語は、専門的だったりすることがあり、ネイティブが知らないことも珍しくない。以前、シェールガス(shale gas)について話したときも、相手には通じなかった…。アメリカでは fracking で知られているようだが。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。