Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

「“実効”支配」に当たる英語

領土の話になると聞く言葉で「実効支配」というものがあるが、これに対して英語ではoccupyという語が使われることが多い。

かねがね“実効”のニュアンスがもっと出ないものかと思っていたが、昨今のクリミア半島の情勢を伝える報道を聞いていて、ついに is effectively being run as part of ... という英語が使われているのを耳にした。

(effectivelyは「実際上」、be being runは進行形受け身、runは他動詞で「を営む」と、少々厄介だが)

北方領土を、Russian Occupied Territories と表現することがあるが、上の表現を用いると、Territories effectively being run as part of Russia となる。

ところで、クリミアは英語ではCrimeaと綴られる。-ri-のところは、crimeと同じ発音となるので、耳からだけで聞いていると、正に何か良からぬことが起こっている連想をさせる。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。