Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

CD使ってね!

職業柄、必要に駆られて、受験生が使うような学参は、なるべく目を通すようにしている。それは、必ずしも書店での「立ち読み」で済むものでないから、少ない予算(身銭)で、現物を買うことになる。時間と労力をかけて執筆した先生方には申し訳ないが、最近ではAmazonというネットショッピングで、新品はもとより、中古品も驚くほどお得な値段で購入することができる。

最近、つとに思うのは、どの本も大概、音声CDが付いていて、学習者にとっては至れり尽くせりであるということだ。かつて勤めていた仕事では教材用としてのCDを、また現職でも以前、入試でリスニング問題を作成するにあたって、スタジオを借り、プロのナレーターを使って、音声教材や試験問題のCDを作成した経験がある。また、日頃は、波形ソフトを使って、音声の切り貼り作業をすることも多い。これらの経験から思うのは、一枚のCDを作るのに、いかに労力を要することか、ということである。

その“至れり尽くせり”状態と反比例するかのように、生徒たちは、音声CDを十分に活用しきれていない(どうかすると、封すら切っていない)。語学の勉強には、これと言った秘策など無く、五感、六感(手を使って憶える、筆写などは、“筆覚”とも言うべきだろう)をフルに使い、反復練習をするのが、上達には時間がかかるとしても、確実な方法である。1,000円前後の学参で、CDが2枚も付いていようものなら、大変良心的である。リピートしたり、ネイティブの発音に被せて読んだり、繰り返し聴くことで、リスニング力は確実にアップする。英語教師なので、自慢にもならないが、私もこれで、TOEICのリスニングでは満点が取れた。皆も実践して欲しい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/96-ba3d5821
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。