Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

無理な注文

高3のみを担当すると、この時期は授業がないので、生徒の個別指導をしたり、入試問題に目を通すことが多い。

先日、入試問題との比較でTOEICについて触れたが、それはTOEICの問題にケチを付けているわけではない。むしろ、最難関私大を中心に課される長文問題について疑問を呈するものである。

さすがに原文通りは無理ということでリライトされていることもあるが、内容的には英語ネイティブの高校生が読んでも知的に同レベルのものが、しかもかなりの分量で出題されるというのは、高校の英語教育の現状からは相当乖離している

将来、役人や研究者になるのに求められるレベルの英語力が必要となる生徒もいるが、一般の仕事で必要となる場面があるケースでも、最難関私大の入試で読まされるような英語は必要ない。

その上、大学の英語の授業が、入試で読んだ英文よりも易しい珍しくないことに鑑みると、一部の入試は、その試験としての妥当性が問われてしかたあるまい。

一例として、慶応(経済)の問題など、英文自体の読みづらさはなく設問も素直だが、内容をしっかり理解しながら読んでいくのは、制限時間を考えると無理ではなかろうか

速読するのが良い? 入試で課されるような英文は、そもそも急いで読んで済ませるような英文なのだろうか。センター試験の図表読解や広告から情報を拾うのとはわけが違う。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。