Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

TOEIC(リスニング&リーディング)

ものすごく久しぶりにTOEIC(リスニング&リーディング)の問題を解いてみた。リーディング部門は75分で100問。文法・語法の問題もあるが、メインはリーディングである。

このところ、入試を突破した大学生がTOEICで点数を取ることに必死になっているらしく、また大学もその指導に力を入れている。時間的制約が大きな課題とは言え、あのレベルの問題なら120分もあれば、一定レベルの学生なら満点が取れるのではないかと思う(早慶レベルの長文が読めて〔実際はどうか怪しいが…〕入学した者ならば、そうでなくてはウソになるだろう)。

目指す英語のスキルとしては悪くないが、TOEICばかりを目標にした英語教育がなされているとしたら、少々考えもののように思う。

なお、リスニングは「一回読み」であるため、大学生でも難しいと感じる生徒はいるだろう。実際にコミュニケーションでは、基本的に二回言われないのだから、個人的に「一回読み」には大賛成である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。