Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

what+形容詞+名詞

今月上旬にあった高2生向け難関模試にあった問題。

I even spent the rest of the day thinking about what few clothes I had, trying to decide what to wear to the party.

筆者の心理として最も適切なものを次のうちから一つ選び、その記号を記せ。


(ア)
自分がパーティー用の洋服をほとんど持っていないことに思い当たって、何を着ていくべきかと心配している。
(イ)
自分が持っている洋服はわずかなのに、パーティーに着ていくにはどんな洋服がいいかと考えあぐねている。
(ウ)
自分が持っている洋服がいかに少ないかに気がついて、パーティーに着ていくべき洋服がないとがっかりしている。
(エ)
自分が持っているわずかではあるがありったけの洋服を思い浮かべて、パーティーに何を着ていこうかと浮かれている。

what few clothes の what は

① 節をまとめ(what ~ I had)aboutの目的語になっている
② I hadの目的語となっている

という点では関係代名詞の what と同じだが、[few] clothesという名詞を修飾をするので形容詞である。

つまり、この what は例の「関係形容詞」と呼ばれるもの。

what few clothes I had は all the few clothes that I hadとほぼ同じ。fewの有無に関係なく、たくさんあるイメージは無い点に注意。

(ア)
「自分がパーティー用の洋服」
⇒ 早合点すると選んでしまいそうだが、パーティー用の服について言っているのではない。
(イ)
⇒ OK
(ウ)
⇒ 前後の文脈も考慮する必要があるが、それでも「パーティーに着ていくべき洋服がないとがっかりしている」とまでは述べていない。
(エ)
⇒「浮かれている」は明らかに違う。

「筆者の心情…」とはあるが、正しく読めていれば、下線部和訳よりも簡単に解答がでるところだが、意外と間違った選択肢を掴まされやすい。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。