Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

品の良い話でないが

オバマ大統領(民主党)が導入した「医療保険改革制度」を、この制度に反対する勢力の人たちは「オバマケア」などと言って揶揄することがある。

共和党の国会議員の中には「Socialism Makes Me Sick.(社会主義には反吐が出る)」というメッセージをプリントした Obama barf bags と呼ばれる手提げカバンを配り、ネガティブキャンペーンを張っている人もいるらしい。(TIME誌 February 10)

そこで、昨日の「飛行機で飲みすぎてもどしそうになった」という話に関連するが(品の良い話ではなくて申し訳ない)…、

上記のbarfは「(名)吐き気、むかつき、(動)吐く、吐き気をもよおす」の意味。

辞書で調べると、vomit、puke、throw upは「実際に”吐く」だが、barfは「吐き気をもよおす」の意味で使うことがあり、“実際に”吐くことかどうかは分からない。

そこで思い出すのが、drownという語。drownは他動詞「を溺れ死なせる」、自動詞「溺れ死ぬ」とあり、単に日本語の「溺れる」ではすまない。

かつて、海水を飲んで、大変な目にあったが、その日に“I was downed.”と友人に言ったところ、“But you’re alive.”と言われたことがある。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。