Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

英語力不問

1月23日の移籍会見では「英語は話せませんがプレーで見せたい(魅せたい?)」と報じられたのは、ニューヨークヤンキース入りが決まった田中投手のこと。でも、彼の場合、野球をしにいくのだから、たいした問題ではない。

英語はビジネスマンの必修科目 ― 突き進む楽天“英語化”の狙い(ダイヤモンド・オンライン)

にあるように、楽天やユニクロでは英語が公用語という決まりがあるらしいが(よって、会社のエレベータ内では、嫌な沈黙があるとか…)、だからと言って楽天グループの「東北楽天イーグルス」で英語を話すことを強要されていないのは、至極当然な話。

7年で総額約160億円契約を結んだ田中投手。一万円札を積み上げると東京タワーの半分ほどの高さになるというから、英語が「できる、できない」の問題ではない。これまで特別な関心は持っていなかったが、日本人として活躍を祈りたい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。