Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

行事 vs. 鬼

大晦日に「なまはげ」で大泣きをする子どもたちの映像をニュースで観た。

なまはげ」を改めて調べると、

・秋田県男鹿半島の各地で12月31日の夜行われる行事
・大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部の各家々で行われる伝統的な民俗行事


などように出ている。

大昔に、通訳ガイド試験の準備で使った「英語で紹介する日本 キーワード305」では、

「なまはげ」とは鬼の一種で、この祭りの日には、鬼に扮装した男たちが村中の一軒一軒を訪問する習慣になっている。

とあり、こちらのイメージが強かったが、出刃包丁をもった“”は、「なまはげ」にはかかせない役者と捉えるのが正確なようだ。

日本に住んでいて、日本語で暮らしている限りは問題にならないことだが、英語で Namahage is [means] ... となると、大雑把に理解していたものでは、説明につまる(厳密な定義をする必要があるかどうかは別として)。

ところで、年に数回しか引くことのない、収録項目21万の「グランドコンサイス和英辞典」(三省堂)には、和英辞典ながら「なまはげ」が載せられている。

a new year tradition in northern Japan, in which men dress as demons and go door to door receiving food and reciting blessings
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。