Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

make+「+/- イメージの目的語」

make money や make profit のようなプラスイメージのときに、makeを動詞として使うのは自然に頭に入ってくるが、その反対で loss が目的語になっても、動詞は依然としてmakeのままでよい。

BlackBerry makes $4.4 Billion Loss
(ブラックベリー 44億ドルの損失)

iPhoneがアメリカを代表する携帯端末ならば、BlackBerryはカナダを代表する携帯端末である(ここ数年のスマホブームに押され、かつての存在感はまったくないが…)。

少し考えてみれば、make an error、make a mistakeのようにお馴染みの表現でも、makeの目的語にマイナスイメージの語が来る。

しかし、errorやmistakeは「失敗」が現れるのに対し、損失の場合は、「借用書、請求書」が現れるとしても、金が存在しないところが、errorやmistakeと違うところ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。