Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

関係代名詞whatの中身を考える

昨日の英文でもう一つ。間違いの疑いがある個所とは別の点。

in what be+C(in what V+O+C/in what+be p.p.+C)

という形を英語ではよく目にする。

このwhatは関係代名詞だが、「the thing(s) that」一本独鈷では少々物足りないときがある。

そもそも、He is not what he was ten years ago.という英文では、what は the man that と考えるのがより的確といえる。

よって、以下の英文

in what might be described as circular or holistic terms では、

in the terms that might be described as circular or holistic terms のように考えてみる。

ただしのこの構造のときは、whatの先行詞をわざわざthingではなく、理論上S=CのCに来る名詞で表しているため、訳が重複することになる。この場合、本来あるCの方は形容詞だけを訳出し、「Cな先行詞」とすると日本語としてまとまりがよくなる。以下に昨日の英文を再掲する。

《英文》
One of the most noticeable characteristics of the traditional Japanese way is that the Japanese people are conditioned to think in what might be described as circular or holistic terms rather than in the narrow straight lines that are favored in the West.

《和訳》
日本の伝統的なやり方のうちでもっとも顕著な特長の1つは,西欧で好まれている,範囲の限られた直線的な考え方ではなく,循環的あるいは全体論的といった視座といわれるかも知れない考え方をすることに日本人が慣れているということである。


① 循環的あるいは全体論的『視座』と描写されるかもしれない『視座』で (○?)
② 循環的あるいは全体論的()と描写されるかもしれない『視座』で (○)

他の例文を紹介してみる。

There was a small country in what is now southern Nepal
現在のネパール南部に小さな国があった。

what ≒ the region that

In what seems to be an annual event, Gov. James Thompson will hold a bill-signing ceremony for the new Sox stadium before Wednesday`s game.

恒例行事となっているようなところで、ジェームズ・トンプソン知事は水曜日の試合を前にして、レッドソックスの新スタジアムの建設許可の署名式を開く。

what ≒ the event that
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。