Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

冬期講習テキストのプレゼント

私の場合、教師になってから英語を勉強することが増えた気がする。

学生の頃に怠けていたという訳ではないが、当然のことながら、6割できれば許される学生と、全部できるのは当たり前で、何より、学生に教えることができ、学生の成績を上げることが求められる教師とでは、同じ英語の問題を目の前にしても、できなければならないことが異なるのは当たり前。

昨日は予備校の大先生からこの冬に開講される講習のテキストをお見本として頂戴した。

このような教材で学生の頃勉強していたら、もっと英語が楽しくなっていたかも、と思えるような内容である。更に言えば、教師として授業を受講しても参考になることが満載である。

短期集中の季節講習は勉強の遅れを取り戻す絶好のチャンス。受験が近くに焦りを覚える時期だが、ボヤボヤしているとあっというまに過ぎてしまう四日間で、相当な力をつけることができる講習である(「実戦・英文法道場」)。

そしてビックリなのが「英文法道場・新春特別編」。この講座では、元日が50分×6という英語漬けの一日となる。大雑把にしか理解していないと間違いの連続となる問題が勢ぞろいで、新年を迎えて文法の総整理をするには打ってつけ。この授業には、私も参加したい程だ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。