Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

やっぱり、“内職” “ながら勉強” はダメだった…

multitasking
意味:マルチタスク動作、 マルチタスク、 単一のコンピューターが複数の処理を同時に実行すること

元はコンピュータ用語のため、日本語にしても今ひとつピンと来ない。学生に限って言えば、「授業中の内職」、(授業外での)「ながら勉強」に相当する。

器用さを表したり、忙しい中を効率よく仕事したり、勉強することを指すが多いが、最近ではマイナス面も指摘されている。

A professor of communication at Stanford University, Dr. Clifford Nass showed that people who did several things at once did all of them worse that those who focused on one thing at a time. And the more we multitask, he found, the worse we get at multitasking itself.

(大意)
スタンフォード大コミュニケーション学教授のクリフォード・ナス博士は、一時にいくつもの事をする人は、一時に一つのことに集中した人よりもパフォーマンスが悪いということを示した。また、同時作業をすればする程、それだけ同時作業自体のパフォーマンスも悪くなるという。


※ 英文の書き出しのA professor …は、Beingが略された分詞構文と解することができるが、日本語の自然さを優先させ、上記のような訳とした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。