Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

模試から英文和訳が消えた

先日、某模試の高1生向け記述模試が行なわれた。全国規模のこの模試で、今回「英文和訳」の問題が消えた。「説明問題」というかたちで、実際には“緩い”英文和訳」が残っているが、下線部和訳のようなはっきりした英文和訳が無くなったのは少々驚きだった。

実は、この模試の実施時期の前後に、文科省の職員で英語関係の知り合いから、「高1生対象の某模試では、英文和訳がなくなったでしょう」という話を聞いていた

時間差があって知るのならともかく、同時に近いタイミングで文科省のこの人が知っているのは何故なのだろう…。少し不思議に思う。

今年度より、高校の新課程(外国語・英語)では「英語の授業は原則として英語で」が教授法として導入されている。文科省が模試の作成に注文を付けることはないと思う(?!)から、この試験を実施している側がそのような作問をしたのだと思うが、何となく不自然さを感じる。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。