Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

謝意を表される前のYou're welcome.

邦題「グランド・イリュージョン」(英語:Now You See Me)という映画を観た。邦題がなかなか良い(しかし、お年寄りで、英語に馴染みのない方が分るのだろうか)。

数日前に、このブログで Thank you so very much. という表現を取り上げたが、今回は、この映画に出てきたYou're welcome. という表現。

普通なら、その前に「感謝」を現す何かしらの表現があり、それに対してYou're welcome.となるはずだが、この映画のワンシーンでは、他人に対して自らしたことに、相手が礼を述べるに、間髪を入れず、You’re welcome. と言う場面がある。

日本語の字幕を正確に思い出せないが、役者の一人が「大丈夫、気にしないで」のような感じで、さっと機転を利かせた行動を取って発する英語である。

相手が謝意を表すまえに言うことで、善意の押し付けになっているところが面白い。英語の試験でYou're welcome.が選択肢にあっても、選ぶには勇気が要るところ。You're welcome. がこのように使われるのを聞くのは初めて。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。