Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

「あとちょっとの差」は普遍的

最近、政府の教育再生実行会議が大学入試改革を安倍首相に提言した。これによると、1点刻みで一発勝負の入試を大きく変更し、「人物重視」の入試にするという。よもや「人物重視」=「学力不問」ではないだろうが…。

確かに、合格不合格のボーダーラインは、もう一度試験をしたら、入れ替わる学生が一定程度いるのは想像に難くないが、そのようなケースが顕著なのは客観形式が試験の大部分を占める私大の入試においてであって、国公立は二度の試験を行っている関係もあり、試験としての妥当性は極めて高い。

そもそも、1点刻みが問題なら、何点の幅で見れば問題でないのか。成績のグループでA、B、C…としても、そのボーダーラインというのは存在する。

専門家の間でも喧喧囂囂の議論がなされているので、安直な結果になることはないだろうと思うが、安易に「人物重視」は問題だと思う。どのような方式を取り入れても、線引きがあり、「あとちょっとの差で」という惜しい状況はなくならない。小論文だって、志望理由書だって、面接だって、すべて序列化ができ(仮に、しにくい性質のものであっても、敢えて点数化をすることになる)、その点では筆記試験と変わらない。それどころか、主観が入り込む余地が多いにあるという懸念が出てくる。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。