Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

「環境」を理由にするのは、筋違い

秋のお彼岸を過ぎる頃になると、センター試験の出願で必要となる「卒業証明書」を取りに来た浪人生とばったり会うことがある。

長年の経験から、勉強が順調に進んでいる者は、教員と一言二言交わしただけで、さっと切り上げていく。一方、“心配な”生徒は、勉強は大丈夫なのかと思うほど長居をしていく。

生徒の雑談に付き合うのも吝かではないが、“心配な”生徒に限って、自分の合否がまるで予備校や予備校講師にかかっているかの口振りで、「予備校がどうの、○△校舎の先生が良いの悪いの」と予備校の不満を漏らす

予備校などどこでも関係ないとは言わないが、「環境」を理由にするのは主体的な勉強ができていない証拠。教わっている講師の言う学習方法を素直に受け入れ、勉強が続けられるかが、一番重要ではなかろうか。

「なぜ自分は浪人してしまったのか」を、謙虚な気持ちで振り返ることで、浪人生活の“軌道修正”ができるだろう。他力本願では第一志望に合格できまい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。