Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

「パワハラ」「アカハラ」は“英語”にあらず

「セクハラ」は英語のsexual harassmentに由来するが、最近しばしば耳にする「パワハラ」(power harassment、「アカハラ」(academic harassment)は、基本的には和製英語と考えるられる。

いわゆる「職場におけるいじめ」は、「パワハラ」と同義ではないかも知れないが、前者を表す英語(英米人が一発で分かる表現)としては、workplace bullying。この英語は正しいが、power harassmentはそれなりの文脈がないと伝わりにくいと思われる。academic harassmentは表面だけ英語の和製英語。

ところで、「いじめ」は、英米においてもあることで

bully: (名詞)いじめをする者、いじめっ子
bully: (動詞)をいじめる
bullying: いじめ[という行為]


のように、bullyという言葉を使う。

ネット上のいじめ」は cyberbullyingonline bullying などという。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。