Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

今回もThe Economistに軍配

以前もこのブログで話題にしたが、TIMEとThe Economistでどちらの方が読むのが難しいか

これで3人目となるネイティブスピーカ(40代女性、言語学で修士号あり)に尋ねてみたが、応えはThe Economistだった。ネイティブスピーカの意見をすべて鵜呑みにするつもりはないが、The Economistの方が、言い回しなどTIMEに比べるとやや難しいと思うとのこと。TIMEで語彙的に難しいと思うことはないという。

因みに、Flesch Reading Ease Testによると、Reader's Digestが13~15歳の教育レベル(日本の中学生)で、TIMEは高校生以上に相当する。

尤も、日本語で書かれた「政治・経済」の雑誌を高校生が読んで、「言語的に読むことに問題がないとして、内容を理解しているかどうかは別」であるから、英米の高校生もTIMEを読んで「言語的に読むことに問題がないとして、内容を理解しているかどうかは別」だろう。しかし、特段に専門的な内容ではないから、「読めるが、全く理解できない」ということは考えにくい

一口に高校生といっても、日本でも英米でも、優秀な生徒からそうでない生徒までいるので、あくまで一般論としてということになるが、TIMEが読めるといのは、良くても英米の大学生に届くぐらいの話なので、威張ってはいけない(が、日本語が母語の我々にとっては容易ではない)。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。