Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

飛行機できました

オーストラリアに英語の勉強をしに来た高校生(Bさん)。このBさんに、地元の人が「なぜ/何でここ(オーストラリア)に来たのですか」と尋ねる場合、Whyで始めることも十分あり得るが、直訳すると「何があなたをここ(オーストラリア)に連れてきたのですか」という日本語では通常言わない表現方法をとることも多い。

A:What brought you here?
B:(        )


さて、この疑問文に対しては、もちろんYes/Noで答えるのは可笑しく(しかし、聞かれていることが分かっていないと、言ってしまいそう…)、応答例としては、

I came here to study English.



I am here to study English.

などが挙げられる。Whatに対する返答として、文法的にずれているように思える(?!)が、そこは仕方ない。

冗談では An airplane [did]. もアリだが(文法的には正しい冗談と分かって言わないと、ものすごく奇異な目で見られる
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。