Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

予備校講師はいくら稼いでいるか

実は、このタイトルは前日のものを引きずったものであり、予備校の先生が1コマあたりいくら貰っているのか、ある程度見当は付くものの、誰かの明細書をこの目で見た分けではない(いや、正確に言うと、一度だけあるが、その時代と今の時代では、単価が違っている可能性が高いので、参考にならないと思う)。

予備校の先生の待遇も、またその先生の予備校内での評価も様々あろうかと思うが、能力的にも精神的にも、自分がそんな仕事に就くことができるとは、今は到底思えない。

仮に、1時間あたりの講料が平均的なサラリーマンの2日分の日当にあたろうとも(それは、荒唐無稽な額でない)、それに要する準備や精神的プレッシャーを考えると、周りが思うほど厚遇されているとは決して言えない

かつて、大人を相手にマスプロで教える資格試験対策の予備校で教えたことがあるが、「社員」で勤めていたので、教材作成から授業(時に「営業」も)までをすべてひっくるめて計算すると、恐らくマックのアルバイトの方が、ペイが良かったのではないかと思う(というもの、同僚がこの虚しい計算をよくしていた…)。

予備校の先生は大変。学校の先生も、別な意味で大変。「教育」業界を巡る状況は厳しい…。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/77-c4559bd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。