Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

逆の不公平

民法第900条4号で定める、非嫡出子の相続分が嫡出子の半分であることについて、一部で議論を呼んでいる。

法の下の平等と並び、「子どもは親を選べないないじゃないか」というのが、この規定が不公平だという人たちの論拠となっている。

「子どもは親を選べないないじゃないか」に反論しようものなら、リベラル勢力の袋叩きに遭うかも知れないとの懸念からか、メディアでは民法第900条4号規定を擁護する意見は聞こえてこない。

ところが、嫡出子から見ると、非嫡出子が嫡出子の半分とされること自体「逆の不公平」との考えがある。

配偶者、子1(嫡出子)、子2(非嫡出子)が遺産を分割する場合は、配偶者は遺産の半分を、子1と子2が、それぞれ、子どもが相続する分の2/3と1/3で分けることになる。

よって、非嫡出子からすると、嫡出子の半分という規定に不満を持つが、嫡出子からすると、非嫡出子(認知をされており、相続の権利がある)の存在によって、配偶者と子1だけの場合と比べて、相続分が減るという不満もある。

そもそも、当該規定は、法定相続を定めたもの。つまり、遺言が無い状況で遺産を分割しようとなった際の基になる規定である。したがって、遺言があれば、遺留分を侵害しない限り、同じ相続分とすることも可能ではある(遺留分においても、嫡出と非嫡出では異なるが)。

なるほど「子どもは親を選べない」が、親は子どもを作るか作らないかを選べる。「先進国(=欧米)で嫡出と非嫡出で違いがあるのは、日本だけ」や、「今日の社会は、この法律ができた時代とは異なり、事実婚やシングルマザーを選択する人が増えた」などの共感を得やすい主張ばかりが報じられるのは、如何なものか。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。