Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

露骨な話

大学入試問題の作成に際して、最近では一部を予備校などに外注しているという話は以前から知っている。

最近手にした、某大学の入学案内には、過去問まで付いてくるほどサービスがよくさらに、その冊子には、某予備校による「解答・解説」が付いていた

「問題は大学、解答・解説は予備校」が作成していることになっているが、冊子を見ると、あまりにも「解答・解説」が的を射たもので、また、学部・学科を問わず形式がきれいに揃っているので、実は、問題もこの予備校が作成したものだろうと、この職にあるものにはピンと来るものがあった。

大学の教員にとって入試問題を作るなど大変煩雑な作業に違いない。受験者が多い有名大学は作成部会の体制も整っていよう。しかし、同じ学部・学科でも複数回入試があり、受験生獲得が死活問題となっている大学だと、問題を何本も作るのには限界があるだろう。

問題作成を予備校に委託するのも分らないではないが、あまりにも露骨だったので、眉を顰めざるを得なかった。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。