Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

記号だけを使って英語を勉強してきたせいか?(成果?)

このところ某筋から依頼されて、英作文の添削をすることが多い。そこで気になったのが、相当できるハズのクラスに在籍している生徒(日本で最難関と言われている大学を目標に勉強している生徒)が、平気で If や We などを文中で大文字で始めていること。それが何度も繰り返されるので、呆れてしまう。きっと英語を習い始めて、選択式の問題ばかりを解いてきたのか、書いた英語を教師に見てもらう機会をことごとく逃して今に至っているのだろう。中学1年生ならともかく、IfやWeを文頭で見ることが多いからという理由で、そのような思い込みを持ってしまっているのだろうが、大変深刻な事態である。

整序作文にしても、記号がふられていると、英語を書かないで終わってしまいかねない。センター試験でも、その他試験でも、記号を使って並べかえるよりも、一旦英語で書いて、それに記号なり番号を割り振っていく方がつまらない間違いをしないで済むし、英文の組み立てもし易い

繰り返しになるが、Iや固有名詞でもあるまいし、文中で大文字で単語を始めてしまうのは、英語学習において重要な部分が欠落していると言わざるを得ない。手を使って書いて憶えるという少々面倒な学習法は外国語学習には欠かせない。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。