Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

一点豪華主義

最近でこそ、円安に振れてきたが、つい最近までは超円高であった。1ドル=75だと、アメリカで買い物をすると、本当に安いとの実感を持つ。

ところで、生徒に作文をしてもらうと、「円高」をappreciation of yenと書く生徒がいる。もちろん、正しい表現なのだが(「円に感謝!」ではない。反意語はdepreciationで、appreciationはここでは、“高く評価すること”の意)、その前後の英語がボロボロだったりすると、妙に不釣合いに聞こえる。経済紙でもなければ、通常はstrong yenとすれば足りる。生徒が書く英語としてもstrong yenで十分である。

英作文の例文集を見ると、一見すると日本語が難しそうに見えて、英語の解答を見ると、驚くほどシンプルであったりする。しかし、シンプルな英語ほど難しいとも言える。このあたりは、日頃からの英短文のストックを増やす以外に無い。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。