Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

何でもよくはないだろ…

英語の教え方や、何に重点を置くかは、教師によっていろいろあって良いと思うが、「辞書なんて何でもいいよ」という高名な予備校講師(著書多数)には、いまひとつ賛成できない。

予備校だから、英語が全くダメという生徒から、教師を超えるくらいできるのではないかと思うような生徒も教えていることは容易に想像が付くが、少々無責任な発言に思えてならない。

なるほど、確かに、日本語と英語とどちらもまったく不自由のない生徒(武道に喩えると黒帯10段)と、英語は入試で必要ないし、英語の「え」の字も見たくない(?!)生徒(白帯・無級)には「何でもいいよ」で済むとしても、ほとんどの生徒、つまり英語を学習して少しでも成績を上げなければならい状況にある生徒にとって、辞書は何でもいいということにはならないと思う。

授業に行って、中学生で知っていておかしくない英単語を知らず、「それじゃ、辞書で調べてご覧よ」との働きかけに、辞書は持っていません(家にはあるらしい)と平然と言いのける生徒に最近遭遇し、一瞬暴れたくなったが(?!)、ぐっと堪え「辞書を持っておいでよ。お薦めは、ウィズダム、ライトハウス、アンカーの3冊だよ」と優しく言っておいた。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。