Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

"merit (Vt)+O"で、 Oに来る語のタイプ

以下は、The Christian Science Monitor紙に出ていた、リード(書き出し)にあった英文。

Authorities are leaning more toward zero tolerance of teenagers who fling around online threats about acts of violence or terrorism. As a result, what might have once merited a slap on the wrist may today result in criminal charges.

警察は暴力やテロに関わるネット上の脅迫をばらまくティーンエイジャーの若者には、ゼロ容認の姿勢にシフトしつつある。その結果、かつてなら警告で済んだかもしれない行為が、今日、犯罪行為との疑いが掛るとなるかも知れない。


《語句》
zero tolerance:ゼロ容認(いかなる違反も厳格に対処する姿勢)
fling:を投げつける
merit:<称賛、注目、罰などに値する
a slap on the wrist:<手首をピシリ叩くことから比喩的に>軽いお仕置き、警告

記事はアメリカで起こっていることを伝えるものだが、日本でも犯罪予告をするかのようなイタズラの域を超えたネット上の書き込みが騒ぎとなる最近では珍しくない。

ところで、二文目のmeritという動詞の使い方に目が留った。meritは良いことに対してのみ使われるのでなく、語句でも紹介した通り、「」がその目的語に来ることもある。念のため、英英辞典の定義を紹介しておく。

If something merits a particular treatment, it deserves or is considered important enough to be treated in that way (Cambridge Advanced Learner's Dictionary)

この定義を見る限り、動詞 merit はプラスにもマイナスにも使えることがわかる。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。