Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

自分が読んだ英文から、単語を憶える

英単語を憶えるには、当然のことながら、模擬試験や授業で使っているテキストに出てきた英文/長文にあるもので、自分が知らなかったものを憶えるのが得策で、この当然の学習を抜きにして、単語集だけで単語を憶えようとするのは愚の骨頂である。

そもそも、単語集は、これまでに接してきた膨大な語彙を「整理する」「確認する」目的で使うことで初めて効果があるのであって、英文を読みもしないで、単語を憶えのは、電話帳に出てくる人名とその電話番号を憶えようとする努力に近い。

初歩的な単語、例えば、offerやwealthならまだいいが、それ以上の単語となると、英文でどう使われているかが肝心となる。名詞のaccessや形容詞のavailableなどは、訳語を憶えただけでは応用の利かない典型である。

受験までに読む英文は、「多読」で使うような教材(物語を中心とし、比較的読みやすいものをチョイスする)を除けば、たくさんあるようでいて、意外と少ない。それにも関わらず、授業を受けて、それでお仕舞いにしている英文も少なくなかろう。授業で扱った長文に出てくる単語は、注がつくような特殊なものを除き、知らないものは全て憶えるのが望ましい。そういう当たり前のことをせず、単語集と睨めっこするなどというのは、実に非効率的であるし、上手くいかない可能性が高い。

限られた数の英文の定着を図るには、音読も欠かせない。受験レベルの英文は、一度授業を受けただけで、全てを吸収することなど不可能だから、繰り返し声に出しながら、どこを問われても説明ができるくらい理解ができているか意識をして読むことが、遠回りに思えて、確実に力がつく学習方法である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。