Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

これっきゃない!

英語教師の中には、新入生に「何でもいいから、辞書を買って…」などと指導する人もいるようだが、「何でもいいから」というのはどうかすると“親切・柔軟”に聞こえるが、「何でもいいから」というのは、物凄く英語ができる生徒、もしくは、英語なんてふざけるな! と思っている生徒には、それでも良いとして、大半の生徒にとっては不親切な説明に思えてならない。確かに、書店に行けば、売れ筋の辞書が山積みされているので、どれもそれぞれ優れた点があるが、高校初級と、大学受験ではレベルが違うので、英和辞典は二冊持つくらいがちょうどいいのではないだろうか。

自分の大昔の経験談だが、一冊の辞書が万能ということはないので、説明がイマイチ分かりづらければ、二冊目を引いてみるとか、逆に、参考書に「これだ!」という説明があった時には、辞書の隅(マージン)に、書き写したものだ。

時に 「これっきゃない!」 と断定してあげることも、生徒にとっては分かりやすい指針となることがある。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。