Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

ジーニアス英和はそんなに良いか?

最近観た確かテレビのCMだった思うが、ジーニアス英和の宣伝があり、「中学・高校英語教師の90.7%が生徒に薦めたい」と言っているという。

本当か? 自分だったら…。少なくも、偏差値60なければ使いこなすことは難しいように思う。とりあえず、新高1生には薦めない。

よく調べてみると、「自分がジーニアスを使っているという教師の内で」ということらしい。それなら、まあ分らないでもない。しかし、個人的な思いとしては、初めてジーニアスが出た(初版)時は、良い辞書だなと思ったが、いろいろな意味で次第に変わってきたように思う。

娘がこの春高校に入学したが、推薦英和辞典が三冊挙げられており、「ウィズダム英和」(第3版)を特に薦めておいた。その中には、なぜかジーニアスがなかった。因みに、娘の入学した高校は、都立高校で今春三番目に東大の合格者が多かったので、生徒層としてジーニアスを使えないということはないと思う。その外、オーレックス英和(旺文社)、ルミナス英和(研究社)が薦められていた。なかなか、“あっぱれ”なラインアップである。因みに、英英辞典も三冊紹介されていた。英英は使い勝手に差がある(ように思える。特に、学習者には)ので、三冊買い与え、使いやすいものを使うように言った。

英語教師の9割がジーニアス…か(ネイティブでも、用例で否定的なコメントをする者がいる)。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。