Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

励ましのメッセージ

昨日のThe Daily Yomiuriに、東日本大地震から2年経った日本人、とりわけ被災者の方々に向けた励ましのメッセージが、駐日大使から寄せられていた。書き出しにはいくつかのパターンがあるので、以下に紹介してみる。

●パターン1
Two years have passed …(バーレーン特命全権大使)
Two years after …(ジブチ特命全権大使)
Two years have passed since …(インドネシア大使特命全権大使)

●パターン2
On behalf of the government and the people of … (チリ特命全権大使)
On behalf of the people and the government of …(フィリピン特命全権大使)
On this day of the second anniversary of …(アルメニア特命全権大使)
On the occasion of the second anniversary of ….(ポーランド特命全権大使)

●パターン3
As we mark the second anniversary of ….(南アフリカ特命全権大使)
As we mark the second year since …(モロッコ王国大使)

●パターン4
The thoughts of people in Europe will turn to Japan today. …(EU連合大使)
We recall with deep sympathy and sorrow the tragic incident of ….(ナイジェリア大使特命全権大使)

その中で、1つ。アンゴラ特命全権大使のメッセージは、他と少し異なる。短いものなので、全文を紹介してみたい。

Our tremendous gratitude and admiration go to the nation of Japan, which has set an example for the world through the way its government and people continue to recover and stand strong in the wake of the March 11, 2011, disaster.

《語句》
in the wake of A:Aに続いて、の結果として
新聞、雑誌でよく使われる定型表現なので、知っておくとよい。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。