Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments

桜はフラワーにあらず (?!)

偶然開いた英和辞典(CORE-LEX)のページに、単語の「文化」というコーナーがあり、『桜はフラワーにあらず』と出ていた。この囲み記事によると…

「flower(花)は地面に生えている草花をさす。同じ花でも桜(cherry tree)や(Japanese plum tree)のようにやがて果実になる花はblossomと呼んで区別する」

と書かれている。

確かに、OALD で調べてみると、
The coloured part of a plant from which the seed or fruit develops. Flowers usually grow at the end of a STEM and last only a short tme.

しかし、他の英英辞典にはこのような記述がない場合もある。

生物の教員に訊ねたところ、コトはそんなに単純ではないようで、本気で生物学上の分類をするとかなり厄介なようである。

というわけで、発端となった記述は、英語の初学者向けに cherry flowers などと言わないようにリマインドする程度ものと考えた方が良さそうである。

確かに、桜の木、桜並木を見て、cherry flowers とは言うのはおかしい。花びらを見て、cherry blossoms は OK。やはり、全体を捉えれるならば cherry trees だ

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。