Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

アメリカに言われて、動く…

原発事故の責任の所在が民事的にも、そして特に刑事的にもはっきりしない中で、米兵のトモダチ作戦に参加した8名が、米国の裁判所に東電からの誤情報によって被ばくをしたと訴え出ているという。

トモダチ作戦で動いた米兵の指揮命令系統は米軍にあるのだし、もっと言えば、原発事故の深刻さについて、米国は日本と同じか、それ以上の認識があった(汚染水を保持しきれなくなり、海洋に放出するように最終決定したのは、一説には米国とも言われている。日本の政府は何も決められない)のだから、うがった見方をすれば、この8名はお金目当て(うがってなくてもお金目当て?!)と考えることもできよう。

しかし、これまで東電や日本政府が非難を浴びることはあっても、法的な責任を問われておらず、うやむやな感を持つのは、私の認識不足か(つまり、「既に責任を問われている」あるいは「これから責任が問われる」のだろうか)。

今回、皮肉にも8名の米兵による東電に対する損害賠償請求で、東電はこれまでの態度を決め込むわけには行かなくなる

原発推進、反対という問題ではなく適切に対応して来ず、特に地元の人をこれまで苦しめてきたことに裁き下ること期待する。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/557-6e48f957
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。