Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

喫茶去

生徒が不勉強で質問に来ると、来ない生徒に比べれば来るだけマシなので、少々小言を言いながらも、応対をする。

質問によっては、

「辞書で調べたかい?」

などと訊くが、「辞書=訳語を得るだけのもの」と思っているのか、「単語の意味は分かります」と返ってくる(もちろん、ひどい場合は、「調べてません」だが)。

教師をしていると、生徒の質問で、どれくらいできる生徒が、ある程度検討がつく。また、できる生徒は、質問が終わると、さっさと帰る。逆に、頑張っているのだろうが、イマイチ成果が出ていない生徒は、質問が要領を得ないなど、職員室に長居する結果になる。

フィギュアスケートでもそうだ(テレビでレポーターがするインタビュー全てに通じるかもしれない)。

質問がダメ

去年の今頃にも同じことを書いたかも知れない。浅田真央が昨年、全日本で優勝した時のこと。母親を亡くしてからのことだったが、

レポーター:「天国でお母さん見守ってくれていたでしょうか?
浅田真央:「母はいつも傍にいました

このレポーターの質問のダメっぷりは、別の意味でメダルを与えたい気がする。浅田真央の回答が、視聴者にどれほどインパクトを与えたことだろう。

話は変わるが、最近も3.11の余震とされる比較的大きな地震が起き、東京でも大きな揺れを感じた。この時は、ある局のレポーターが、ある東北のお年寄りに「今のお気持ちは、どうですか?」と訊いていた。一体、どんな返事をされたいのだろう。

ジャーナリストやマスコミの連中はきっと勉強はできるだろうが、人生の勉強は確実に足りないと思う。もっと本を読むべきである。ビジネス書、実用書はいつも読んでいるのであから、古典が一番いいのではないだろうか

私がインタビューを受けることなどないだろうが、仮にあれば…

レポーター:「なぜ×○なのですか」
私:「おととい来い」(英語ではDon't you ever come again.)

そいう言えば「喫茶去」という言葉もある。残念ながら、これも曲解されている。

(×)お茶でも召し上がれ
(○)お茶でも飲んで来い ≪叱咤する言葉≫

である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/549-bb853cc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。