Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

まずは教員経験をしてもらって

数日前の新聞に各党の「教育公約」なるものが出ていたが、「終わっている」と思わざるを得ない内容ばかり。

(日本維新の会はもともと「教育に関する公約」がないらしく、公約「維新八策」からの理念が挙げられていた)

偶然、日本維新の会は公約として大々的に掲げているものでないそうだが、果たして政治家を選ぶ選挙において、政党が教育に関する公約をするだけの見識があるのだろうか。いじめ防止のための法制化もいくつの党が掲げているが、あまりに空々しく、こういうことを公約する党はどこも胡散臭い

どうしても教育を云々したければ、教員経験をしてもらって「生徒に殴られても、自分は反撃をすることをせず我慢する」「反社会勢力を背景とした保護者に罵倒されても、ひたすら我慢をする」)からがいい。少しは、本気度が伝わるというものだ。いじめに対応するということは、正にこういう現実に対する実効的な処方箋があるということ

「いじめ防止法」を制定する前に、まず「拉致被害者即時救出法」を制定して、政治家しかできない(本来は“国”だが、多数を占める“与党”が行政を担うから、ほぼ同義)具体的行動を取ってもらえないだろうか。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/537-8287d98b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。