Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

Language creates reality.

先の東日本大地震で、情報不足等が原因のパニックが一部の日本に住む外国籍の人たちの間で起こった。と、こう書いた瞬間に、特段に外国人コミュニティーに関心の無い人たちは「ふ〜ん、パニックがあったんだ」という認識が生まれる。Language creates reality.(言葉が現実を作る)というのは、言語学を少し齧った者なら聞いたことのある話だ。新聞を読んでいて、メディアの重要性を痛感させられるのは、正確な報道がなされないと、間違った認識が次第に増幅される恐れがあるということ。東京に避難してきた、ある外国籍の女性の発言に"The nuclear power station exploded. I was really worried and …."というものがあった。しかし、explodeしたのはnuclear power stationではない。正しくは、nuclear reactor building(=建屋)である。メディアに正しい報道が求められるのは論を待たないが、我々も新聞やテレビの報道を正確に見聞きし、必要に応じて、正確に伝達する必要がある。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/5-5c10f137
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。