Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

do without = go without (?!)

~なしで済ませる」とあれば、直ぐにdo withoutを思い浮かべる。併せて、go withoutも憶えているかも知れない。

私は本なしではやって行けない人間だ

これを英語に直した場合、I cannot do without books. あるいは、I cannot live without books. とするのが正しく、go withoutを用いるのは「不可」とする本に出くわした。この本によると、go without ~では、「(食料)なしでやっていく」の意味なので不可だという

確かに、辞書にはgo withoutの後にくるものとして、lunchやeating、mealsで「昼食を抜く、食事を抜く」が出ているが、コーパスで検索をかけると、go without medical insurance「健康保険なしで暮らす」などにも遭遇する。また、「~なしで済ませる」の意味以外でも、Don't go without binoculars.(双眼鏡なしで行くな) のように連語go withoutで使っていない用例も少なくない。

ところで、英英辞典のロングマン、オックスフォードにはどちらも、do without、go withoutのあとに何も来ない例文を載せているので興味深い。

I like to give the children what they want even if I have to go without.
I don’t have any sugar so you’ll have to do without.

withoutの後にくるべきものが、文脈で分かるためにwithoutで終わっている例である。その場合、withoutは副詞と捉えることも可能だが、手元のウィズダム英和辞典では、「前置詞の目的語を省略した用法」と書かれている。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/499-1cccfd16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。