Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

ハロウィーン

ここ何年かで急に、そそかしこで見かけるようになったハロウィーンの飾りつけや仮装。背景にはバレンタインデーのように、イベント化をし、消費につなげたいという小売業の目論見もあるように思われる。

また、9月の下旬頃だったろうか。都内のJR線の駅に入る店では、食べ物から、手ぬぐいまでハロウィーン風のもグッズがあり、洒落た印象を抱いたが、10月の下旬に近づくに連れ、どこでもハロウィーン関連のものを目にするようになった。

ハロウィーンの説明として、一つには「亡くなった人の祭り」というものがある。まるで日本のお盆のようだ。

ウィキペディアによると、宗教的な行事ではないそうで、私にとってはとても意外。キリスト教徒のアメリカ人が、キリスト教とは無関係に、楽しいひと時を過ごすというわけだから、何かにつけてイベント化をして楽しむ日本人とどことなく似たところがある。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/498-ddd371a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。