Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

肩書きバブル?

二日前の新聞に社会学者の加藤秀俊氏が特別研究員で「特任研究員で成果出せるのか」という題で論文を寄せている。その中で、「○△大学大学院教授」というのは、大学院の授業も担当できる資格審査を通った教授であるということを述べている。このところ気になっていた、「○△大学大学院教授」という職名の意味がやっとクリアーになった。

しかし、学部の学生(undergraduate student)は教えられるが、大学院生(graduate student)は教えられないなどという研究者がいるのか、不思議でならない。“審査”いっても、そもそも日本では、大学の教員になるのに、免許など必要としないのだし。

会社の経営人を表す横文字の肩書きがいくつもあるが、それらと一緒で、一種の肩書きバブルのように思えるのは、ヒラ教員のヤッカミか。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/497-bee69f45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。