Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

開き直ってみた

へそ曲がりの私は、英語教育の“大家”が書いた本を読んで、「そんなことできるか!」と心の中で反発をすることがある。ある大家は「英語教員たる者、発音において生徒の最高のモデルとなりえなければ、その資格がない」という趣旨のことを言われているが、素朴な疑問として「最高のモデル」になることなど、果たしてできるのだろうか。

英語の発音に自信がない私が言うと、開き直りとも聞こえようが、日本のようなEFLの環境にあって、多くの教師が「最高のモデル」になることなど現実的には無理だと考える。

放送通訳や通訳ガイド、その他「英語のプロ」とされる人たちは必ずしも「最高のモデル」で英語を話しているわけではない。「彼らは教師でないから」との反論も返ってきそうだが、英語の音韻論・音声学的に正しい発音が真に可能だとしたら、教師以外の何か別なことをしているに違いない。これは私の場合だが。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/488-8d54a1f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。