Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

「まし、した方がいい」の続き

昨日の would rather A than B に似た表現に、may as well A as B がある。これも単に「~した方が良い」と憶えておくだけでは足りない

昨日同様に、「英語構文基本300選」p. 46(飯田康夫 著・駿台文庫)からの例文。

You might as well throw your money into the sea as lend it to such a person.
(ああいう人にお金を貸すのは、海に捨てるようなものだ。)

Collins COUBUID English Grammar(p. 232)では以下のような説明がある。

You use 'might as well' when what you are suggesting seems to be the only sensible course of action, although you are not enthusiastic about it.

もちろん、飯田師の参考書にも、学習者に誤解を与えない分り易い説明(may as well A as Bをもとに、現実にあり得ないことを示すために過去形を用いて、might as well A as Bをとする)が出ている。

訳語オンリーで憶えていると、4択の問題に対処することはできたとしても、英作文では思いも寄らないミスを犯すことがあるので、辞書や信頼できる参考書で確認をすることが肝要である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/477-0ba6aa9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。