Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

プロ中のプロの言葉

少し前の話だが、今期で引退を決めた阪神・金本知憲選手が記者会見をしているのをテレビで観た。「野球を10歳から始めて、7割8割が辛いことで、喜び、充実感というものは2、3割だった」とか。

つい、この間逝去した俳優の大滝秀治さんも「芝居が楽しいかって? 冗談じゃない。せりふを覚えるのはつらいし、初日が開けても千秋楽が早く来ないかと思うぐらいなんだから」と、語っていたという。

両人とも、根底では仕事が好きであるに違いないだろうが、傍から見て良いことばかりでなく、第一線で活躍することの苦労を正直に語っているように思われる。プロ中のプロの言葉だけに、とても説得力がある。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/475-3bffad39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。