Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

試験に辞書持ち込み可、はどうだろう

後期を迎えて、あまり英語が出来ない生徒が、必至になって英単語集をやっている様子を目にする。受験英語指導で絶大な信頼を置くことができる“道場主”が、以前「無駄なお布施をするような学習法はお止めなさい」という内容の記事を書いてくださったので、これをA0判に拡大して廊下に貼り、生徒が学習方法を誤らないように注意を促しているつもりだが、盲目なまでに単語集をに取り組む生徒には、その大きな掲示物も目に入らないようだ。

大学入試も、慶応(文)式に、紙辞書二冊まで持ち込み可のようにしてみてはどうだろうか。結局のところ、一対一の訳語を知ったところで、英文が読める訳でもなく(少しは役立つかも知れないが、それは日頃から辞書を引いている学生に限った話)、相変わらず点数が取れないことに変わりはない。英作文に至っては、辞書があったところで、ほとんど影響ないのではないだろうか

制限時間があることを考えると、悠長に辞書で細かな語法をチェックする訳にも行かず、「英語学習=単語の丸暗記」という誤った認識が、少しは是正されるのではないかと考える。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/456-fb75c3e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。