Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

電子化の波

通信添削も、電子化の時代。赤ペン先生の愛称で知られているBという会社の添削講座は現在では電子的に添削されて返される(中学生の講座の場合。他は不明)。鉛筆で記入した答案がスキャナーで読み込まれるので、元の答案が返ってくることはない。コピーしたような答案に、×も○がどれも一様な大きさの採点。ちょっと味気ない。

昨年から続けているので、昨日今日知った話ではないが、受講生は実際に郵便で送っても、返却される答案は、郵便でも、ネット経由でも、自分の元の答案が返ってこないという点では同じ(ネットの場合は、画面で答案を確認するという仕組み)。

ところで、既に、B記述模試、K模試の一部で電子的な採点(業者によっては、“e採点”というらしい)が導入されている。敢えて頭文字を出さないが、私が関係する、もう1つの模試でもついに電子的な採点が検討され始め、近い将来導入されるかも知れないし、されないかも知れない。答案の管理等、様々な面で利便性が高い電子採点であるが、受験者の意見も聞いてみてはどうだろうか。模試なら「どちらでも…」との返事が返ってきそうだが…。

少なくとも通信添削で電子採点は残念な気がしてならない。もともと顔が見えない通信添削では、すべては答案を介してのコミュニケーション私が学生の頃は、手書きのコメント(当時、乙会の添削講座を取っていた)に大いに励まされた覚えがあるが
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/449-3086e0a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。