Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   1 comments   0 trackback

脳トレ

早期英語教育に反対する人の主張の一つは、母語の習得に支障をきたすというもの。下手に国語の時間を削って、英語の時間を設けたところで英語が堪能になるとは思えないが他方で、羨ましいほど日本語も英語も堪能な“高いレベル”の(「なんちゃって」ではない)バイリンガルがいることも事実で、実際にそういう人を何人も目にしてきた。

最近の研究では、バイリンガルの人は、脳の認知機能が発達しているというのが定説となっている。以下は、この議論をバックアップする記事の抜粋。

There is ample evidence that in a bilingual’s brain both language systems are active even when he is using only one language, thus creating situations in which one system obstructs the other(ふむふむ). But this interference, researchers are finding out, isn’t so much a handicap as a blessing in disguise. It forces the brain to resolve internal conflict, giving the mind a workout that strengthens its cognitive muscles.

つまり、“脳(の筋)トレ”状態になるということらしい。ボケ防止につながるともいわれる外国語学習。バイリンガルの域は無理としても、外国語の学習は人生にとってプラスになることが多いことが、ここからも分かる。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/424-b4bfc2cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。