Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   0 trackback

"夢ナビライブ"って

夢ナビライブ」という、高校生と大学の教員が直接出会う進学説明会に行って来た。特徴は多くの大学教員が一堂に会して行う講義ライブ。合同説明会の他、講義をした講師に直接進学相談もできるという高校生にとっては至れり尽くせりの企画。さらには、メジャーな予備校もパンフレットの配布の他、入会(塾)案内や、学習講演会を行っていた。

もちろん、一連のイベントを取り仕切るのは主催者の業者があるが、各学校も生徒や教師向けに案内文章を作成したり、ワークシートの準備、生徒の点呼など、それなりに労力を要する。当該イベントの学校代表者として、業者との打ち合わせ時間も含めると相当時間を費やしたが、どれほど生徒の進学意欲が高まったことだろうか。

確かに学問分野を知るきっかけとなり、いまどきの生徒には必要な指導かも知れないが、何もかも大人がレールを敷いているかの様で、本当に良いことなのか、疑問に思わないでもない。

東京ビックサイトで、ホールを複数使用しての本イベントには、大学は参加料として大枚をはたいている。これらは皆、学生の授業料の一部とも言える。

難関文系大進学を売りにしたM塾のパンフを入手。この塾の特徴の一つは、「強制自習制度」だとか。やりたいことは十分わかるが、“強制”の“自習”とはどういうことか。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://itthat2000.blog.fc2.com/tb.php/417-2480f3c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。