Posted by y

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by y   0 comments   1 trackback

本職は「教えること」

少子化に煽りを受け、大学は生徒集めで躍起になっている。大学の広報専門職員のみならず、教員までもが募集活動に動員されていて、高校の現場に挨拶に来られる。自分も同様の立場にあるので、同情すらしたくなる。

もろに「高校募集活動マニュアル」を手にしながら、高校の教員に「生徒に(本学の紹介を)宜しく」と頼んで帰る大学の先生がいる。本来の姿ではない気がしてならないが…。

私も中学校や塾を訪問することがある。足元を見られているような部分が無きにしもあらず。中学校は同業として近いのでまだいいが、塾は冷たいと聞いていたが、これまでのところ、酷い対応をされたことはない。とはいえ、私など「営業職」はきっと不向きに違いない。多少上手くいかなくとも、本職は「教えること」と思えば、シビアな対応をされたとしても、流すことは可能である。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。